法被 職人

洗練された雰囲気を作る黒の庭師袢纏 木曽造園様

京都御室の庭師、木曽造園(植重)様の庭師袢纏を製作させて頂きました。

http://www.eonet.ne.jp/~kisozouen/

綿スラブのシンプルでありながら文字等の書体にまでこだわった袢纏は、洗練された印象が有り、寺社仏閣での作業時にも適した神聖な雰囲気を感じさせます。 続きを読む

職人の半纏·法被 高級感を生む生地と細部へのこだわり

祭りをはじめ、職人の仕事着や会社の祭事などでも使用される半纏·法被、これらには、「特別な日をひと味違う衣装で過ごしたい」、「プライドを持って仕事を行う正装として大切に使いたい」といった思いが詰まったものです。
ただ、どんなに素晴らしいデザインがあったとしても、製作を依頼した業者が、使用する生地、染色方法、仕立てなど細部の仕上がりまで考慮できる知識や技術がなければ、がっかりするようなものになることも。

続きを読む