半纏·法被は古くから祭や職人の仕事着として使用され、誇りを表現する正装として、また、着用された方々の一体感を生み出してきました。そんな半纏·法被は現在でも同様に祭や職人の仕事着として使用される他、ホテル、旅館、飲食店などでもおもてなしの心を伝える正装としても使用されています。

お店に入り、スタッフの方々が半纏·法被を使用されているところを想像してみてください。日常とは違った雰囲気を演出し、統一感が生まれ、お客様に特別な時間を提供する一助になるはずです。

一方で、その半纏·法被のデザイン、生地や色味が安っぽいものであれば逆効果になってしまうことも。

ではインパクトを持たせながら正装としての風格を持った半纏·法被とはどのようなものでしょうか。

続きを読む