職人の半纏·法被 高級感を生む生地と細部へのこだわり

祭りをはじめ、職人の仕事着や会社の祭事などでも使用される半纏·法被、これらには、「特別な日をひと味違う衣装で過ごしたい」、「プライドを持って仕事を行う正装として大切に使いたい」といった思いが詰まったものです。
ただ、どんなに素晴らしいデザインがあったとしても、製作を依頼した業者が、使用する生地、染色方法、仕立てなど細部の仕上がりまで考慮できる知識や技術がなければ、がっかりするようなものになることも。

続きを読む

創立100周年の校旗製作!こだわりの生地と刺繍が表現する歴史と未来への思い

京都市北区にある京都市立大宮小学校が、平成29年度に創立100周年を迎えられました。
創立100周年記念事業の中で校旗についても新調が決まり、地域の方々も含めた委員会による一大プロジェクトになりました。
そして、光栄なことに、その記念すべき校旗新調を加藤健旗店にお任せいただきました。歴史の重みと未来への思いが込められた旗がどのようなものか紹介させて頂きます。 続きを読む