2018年 2月 の投稿一覧

居酒屋の半纏·法被製作 おもてなしの心と一体感

半纏·法被は古くから祭や職人の仕事着として使用され、誇りを表現する正装として、また、着用された方々の一体感を生み出してきました。そんな半纏·法被は現在でも同様に祭や職人の仕事着として使用される他、ホテル、旅館、飲食店などでもおもてなしの心を伝える正装としても使用されています。

お店に入り、スタッフの方々が半纏·法被を使用されているところを想像してみてください。日常とは違った雰囲気を演出し、統一感が生まれ、お客様に特別な時間を提供する一助になるはずです。

一方で、その半纏·法被のデザイン、生地や色味が安っぽいものであれば逆効果になってしまうことも。

ではインパクトを持たせながら正装としての風格を持った半纏·法被とはどのようなものでしょうか。

続きを読む

こだわり尽くした最高の江戸半纏 お客様の「期待以上」を生み出す仕事 

自分だけのオーダーメイドのものが出来た時の喜び、この充実感は何物にも代えがたいものがあります。

それが期待を上回る出来映えだったとすると、物の価値以上に人生において大きな意味があるのではないでしょうか。

加藤健旗店では、お客様の期待を上回って感動して頂ける瞬間のために何が出来るかを常に考えています。

今回は、そんな思いで製作した江戸半纏を通して、どのように期待を上回るオーダーメイドの半纏·法被を製作しているのかを紹介させて頂きます。

続きを読む