半纏

洗練された雰囲気を作る黒の庭師袢纏 木曽造園様

投稿日:2018年12月10日 更新日:

京都御室の庭師、木曽造園(植重)様の庭師袢纏を製作させて頂きました。

http://www.eonet.ne.jp/~kisozouen/

綿スラブのシンプルでありながら文字等の書体にまでこだわった袢纏は、洗練された印象が有り、寺社仏閣での作業時にも適した神聖な雰囲気を感じさせます。

襟文字の書体はこだわりの江戸文字にして黒から浮き上がる生成り色の文字が和の雰囲気と風格を漂わせます。

木曽造園様 半纏襟文字

 

また、背中の文字も同じく江戸文字の書体を生成り色で染め抜くことで存在感と風格を持たせています。

木曽造園様 半纏背文字

さらに、袖裏や肩裏の生地の色も白で統一することで美しく、洗練された印象の庭師袢纏となるようにご要望をお聞きして製作させて頂きました。

この袢纏を着て作業される庭師様が安全に仕事をされて、今後も美しい庭を造られていくことをお祈り申し上げます。

-半纏

執筆者:

関連記事

こだわり尽くした最高の江戸半纏 お客様の「期待以上」を生み出す仕事 

自分だけのオーダーメイドのものが出来た時の喜び、この充実感は何物にも代えがたいものがあります。 それが期待を上回る出来映えだったとすると、物の価値以上に人生において大きな意味があるのではないでしょうか …

居酒屋の半纏·法被製作 おもてなしの心と一体感

半纏·法被は古くから祭や職人の仕事着として使用され、誇りを表現する正装として、また、着用された方々の一体感を生み出してきました。そんな半纏·法被は現在でも同様に祭や職人の仕事着として使用される他、ホテ …